〜成功するのは誰かのおかげ、失敗するのは自分のせい〜

運も成功のうち。
とかいいますが、これは厳密にいうと違います。
成功者の全員は「自分は運が良かった」というそうです。

ただ、彼らが宝くじにあたったのかというとそうではないわけです。
何かというと、目指したいなにか、手にしたいなにかを常に追い求めていたから、そこに近づける機会や人脈に反応できたのです。
だから運が良かったというよりは、
「これは自分にとって幸運だ」と思うことに反応できたことが成功の要因だと思います。しかし、謙虚さを心得る彼らはそれを誰かのおかげだというわけですね。

確かに、自分一人でことを成せるなんてことはまずないと思います。
必ず誰かの助けがあるし、運の引き寄せも重要でしょう。

ただ、失敗に関してだけは、いつも自分のせいでしかないのです。もう分かりますね。^^そもそも失敗という概念をなくした方がよいですね。w

まぁすでにここのメンバーはあんまりその概念はないと思いますが、
マイナスなこと、ネガティブなことはすべて自分が原因だと心得ましょう。
上司のミスさえも自分の責任です。
上司や仲間を勝たせられる人間の価値は、自分で価値を生み出せる人間よりも
大きくなりえます。それは個人よりチームこそ力を発揮するからです。
そのためにはやはり、自分の求めるものを明確にし、
それに対するチャンスには敏感になる。謙虚である。失敗という概念を捨てる。

連休ボケしないように、明日の寝る前は30分。自分と向きあう時間を作ってくださいね!
全員ガンバ!